フリード 買取

相場のわからない人たちが損してしまうパターンとは

 

ホンダ フリードの人気のヒミツは、
Sサイズミニバンなのにゆったりした3列シートを装備。
それでいながら、新車価格が160万円台からというお値打ち感です。

 

ミニバンに乗りたいけど、ステップワゴンを買うには予算がちょっと足りない、
ヴェルファイアのような大きな車は運転できないというような人たちから、
注目を集めています。
そのため、フリードを買取に出すなら、高い査定額を期待したいところです。

 

ただし、車を査定してもらうというのは、
相場がよくわからない私たちにとって、案外難しいことですよね。
いまいちよくわからないまま、話が進んで、
業者からはじめに伝えられた金額にちょっとオマケしてもらって、
最終的に売却してしまうというのが、多くの方が陥るパターンです。

 

業者としては、当然安く買って、
高く転売できれば利益が増えるわけですから、
こちらの例のような方は「おいしいお客様」というわけです。

 

自分が「おいしいお客様」になってしまわないようにするためには、
必ず、複数社で比較して、最も高い値をつけた業者に売るようにしましょう。
あるいは、その業者の値段を基準にして、さらに、買取額をつり上げていきましょう。
走行距離などの諸条件にもよりますが、フリードのような人気車なら、
安い業者と高い業者の差が10万〜30万円くらいついても不思議ではありません。

 

複数業者で比較するなら、カーセンサーの一括査定がおすすめです。
これは、所有するフリードの簡単な情報を入力するだけで(目安は3分程度)、
最大30社へ一括で見積もりを依頼でき、各社の金額を比較できてしまうというもの。
これなら、誰でも簡単に最高額がわかりますね。
安く売りすぎて損したなんてことは、起こるはずがありません。

 

こちらのサービスは無料ですので、
相場を知りたいだけの方にも、活用する価値あり。
もちろん、各社の買取額を比較して、最終的に売る売らないを決めるのは自由です。
車の即日買取はこちらから。急ぎもOK!
http://www.chuokeori.com/

 

フリード買取の参考情報
フリードのイラスト写真

 

年式:2005年(平成17年)/2006年(平成18年)/2007年(平成19年)/2008年(平成20年)/2009年(平成21年)/2010年(平成22年)2011年/(平成23年)/ほか
グレード:1.5Gエアロ/G Lパッケージ(ジャストセレクション)/6人乗り/7人乗り/8人乗りGH/X/フレックス/ハイウェイエディションほか
走行距離/1万キロ/3万キロ/5万キロ/7万キロ/8万キロ/10万キロ/ほか
カラー/ホワイト/シルバー/ブラック/レッド/ブルー/グリーン/メタリック/ほか

 

コンパクトなボディサイズや排気量(1496cc)を考えると、購入される方のライバル車はトヨタのシエンタが近いかもしれません。
性能は明らかにフリードのほうが上ですが、好みは別れそうですが、個性的なボディはシエンタの特徴。
フリードハイブリッドの場合、ショーン・レノンが登場するCMが話題を呼びましたね。京都ともピッタリイメージがあっていますし、「This is サイコーにちょうどいいHonda!」というコピーも印象的です。